中国厦門茶業博覧会で煎茶道点前。突然のステージ依頼。

1-%e7%85%8e%e8%8c%b6%e9%81%93%e7%82%b9%e5%89%8d

Owner of Shiha Tea and Comfort, Hiromi Shijiki performed Senchado tea ceremony at Xiamen Tea EXPO, in China From Oct 15-19.

2015年10月15日-19日、中国厦門の茶業博覧会にて日本の煎茶道のデモンストレーションを行いました。

着物や器、花、お菓子、煎茶道の教室についてなど 色々な点に興味を持っていただき、ご質問をいただきました。お答えしていく中での交流、とても楽しく、勉強になりました。

実は当初、会場で日本茶を入れて欲しいとだけの要望だったのですが、会期が近づいた頃にステージでもお茶入れを行うように変更されていました。慌ててどのようなものにするかから考えました。

中国の方々は中国の茶芸の表演を楽しみます ― 茶、茶器、音楽、動作、衣装、表情 それぞれが調和された美。日本の茶をどのようにして調和された美として表現できるのかを考え、煎茶道のスタイルをベースにエンターテイメント性を少し加えて行うことにしました。

実は会場に着くまでどのような場所で行うかの写真や図面が頂けず(中国の担当者も分からないという状況です)過去にみた茶業博覧会の茶芸表演を参考にし、ある程度柔軟に対応できるように道具を準備しました。畳なのか、テーブルなのか、それとも何もないのかも分かりません。どれであっても対応できるように立礼卓も持ち込みました。

ステージでお点前中に紹介される煎茶道の歴史説明を作成、季節感ある花(生花は無理だと思うので造花)、流す音楽も選んで準備しました。遠tone音さんの音楽は静かさと落ち着いた華やかさもありイメージにぴったりで、彼らのアルバムから最適な一枚を選びました。

茶器はお茶に興味を持っていただくために、慎重に選びました。中国の方が日本茶を飲んで、すぐに「おいしい!」となることは経験上多くありません。興味を持つのは器やその他の道具です。日本には美しい工芸の茶器があることを知っていただき、その興味から徐々に日本茶の世界へ入ってきていただくという流れを想定しています。これまでの中国への茶器販売の経験を生かし、中国の方がお好みになる骨董や魅力ある素材、形、色、絵 などの茶器を用意しました。当日使用した道具を譲ってほしいという方もおられ、茶器の魅力を感じてくれたのだと思いうれしかったです。

ステージではなんとか無事に集中してお茶を入れることができましたが、あとでいただいた写真ではこんなにカメラを向けられていて、それをみて緊張した次第です。

xiamen

数日間の展示会中、水質の違い、湯を沸かす設備の問題などで、本来のお茶の良さを引き出すのに正直時間がかかりました。

総合的な感想は、日本茶の魅力を知っていただくには、楽しさや美しさを演出し、日本文化の疑問などへの回答を通して交流をすることが、遠回りなようで、実は近道なのではないかなと感じました。これからも何かお客様に楽しみを感じていただけるような活動をしていきたいと思います。