南アフリカのお茶と陶磁器 現地調査(ケープタウン編)

こんにちは。急須店 Shiha Tea & Comfort の店主です。日本の急須を世界にお届けしています。

本日は南アフリカのお茶と陶磁器の調査報告です。

南アフリカ共和国の首都ケープタウンと、サファリがあるクルーガー国立公園へ行ってきました。今回の旅行は、あるアメリカ企業の社員旅行に友人枠で参加させてもらいました。

団体旅行なので、自由時間はあまりない、しかも南アフリカの情報全然持ってないという状況です。突然もらった旅のチケット、何が分かるかわからないけど、とりあえずお茶が気になる!という状況で出発しました。

最初にまとめ(おすすめお土産品)

現地の生活はやはり見れなかったので、南アフリカの生活の中のお茶は全然分かりませんでした。陶磁器も観光中に見たものです。ここでは、首都ケープタウンで訪れた場所のお茶と陶磁器の紹介をします。

私の個人的な南アフリカおすすめお土産品:

  • ルイボスティー
  • 布製品(Shweshwe)
  • 陶磁器

ケープタウンホテルの お茶と陶磁器

ホテルは 楽しいショッピングと散歩ができるウォーターフロントの近くにあるザ テーブル ベイ ホテルThe Table Bay Hotel)です。

テーブルマウンテンとウォーターフロントが見えます

お部屋のミニバーエリアに鉄瓶があることに意外感。お水は現地南アフリカのミネラルウォーター Mountain Falls Waterでした。

ホテルの廊下には染め付け(Blue&White)の陶器が。意外にしっくりきて、とても良い雰囲気です。

14世紀以降、中国の青花(染め付け/Blue & White)磁器は南アフリカやヨーロッパに輸出されていたと知りました。

南アフリカとBlue & White陶磁器の歴史が気になります。

ケープタウン ウォーターフロントの お茶と陶磁器

ウォーターフロントのハンドメイドエリアに行くと、たくさんのセラミック品が!エキサイトしすぎて、写真をあまり撮ってません。

質感、スタイルとても素敵。このハンドメイドエリアはお土産を買うのに最適です。ショップの人たちも陽気でフレンドリー。

たくさんのお店が食器、花器、オブジェクトそれぞれの個性ある作品を売っていました。不思議に思い「変な質問だけど、どうしてこんなにたくさんの店がセラミックを売ってるの?」とショップ店員さんに聞くと「この辺には原料があるからだよ!」と。

全く知りませんでした‥今後要注目です。以下はハンドメイドショップでなく、お土産ショップにあった商品です。

帰国後調べると、南アフリカにはセラミックアーティストが多くいることが分かりました。陶磁器好きの方は、南アフリカに行く際の楽しみの一つになりますね。

観光地なので、お土産に向きそうなハーブティーなどアフリカらしい(動物、自然)パッケージの物がありました。

ケープタウンのハーブとスパイスの会社 Cape Herb & Spice の TEA BOTANICS 8-TUBE。

Cape Herb & Spice の ギフトセクション eat.art の塩。お茶と思ってたら塩でした。南アフリカは塩も名産品のようで、旅行に行かれる方は塩にもご注目ください。私も買ってくればよかったと後悔。帰国後に調べて分かってきたことばかりです。

竹のストローとガラスのストロー。世界で問題になっているプラスチックストロー対策。南アフリカでも。

いくつかのお茶企業のウェブサイトを見ても感じたことですが、企業が環境保護や社会貢献、スタイリッシュさを追求しているという印象です。南アフリカになんとなく持っていたイメージとは全く違っていました。

ケープタウンのお城(博物館)の陶磁器

ケープタウンで最古の建物というキャッスル・オブ・グッドホープに行きました。

私達は夜ここでパーティーがあったのですが、日中は博物館になっているようです。壺が目に止まりました。南アフリカの古い壺かと思いましたが…

案内がありました。「”マルタバン” 東南アジア。マルタバンは南中国で作られる釉薬がかかったストーンウエアの壺です。これらはトレーダーがビルマ(ミャンマー)のマルタバンの港で買い入れたものなので”マルタバン”という名で知られています」

当時の貿易の様子が気になりました。旅行中は目まぐるしくて、何も調べられませんでしたが、こうしてブログを書きながら、今やっと現地で見たものが分かってきた感じです。

さて、パーティーの様子です。アメリカ企業の社員へのもてなしのスケール感に毎日驚かされていましたが、この日も度肝を抜かれました。お城に到着すると、子どもたちのコーラス隊が歌とダンスで歓迎、パフォーマンスもありました。その後、このダイニングの部屋に通されたときは迎賓館!?と思うような長い長いテーブルが…

遠い南アフリカで、アメリカ他世界各国の人々に囲まれて過ごしていた時間に、このプレートを見たときのほっとした感と喜び。日本製ではありませんが、心が落ち着きました。

Blue & Whiteの食器は南アフリカで日常生活で好まれているのか、そしてこれらはどこで作れたものなのかが気になりました。

以上、何も南アフリカのことを知らずに行き、色々な疑問を持って帰ってきたケープタウンの情報でした。

次回は以下をご紹介予定です。

  • 南アフリカのお土産。おすすめのルイボスティーブランドと布製品(Shweshwe)など
  • クルーガー国立公園サファリSabiSabiのお茶と陶磁器