中国茶葉市場(卸売り市場)での茶葉の最低購入量とは。キロ単位での購入が必要? Minimum Amount of Tea leaf purchasing at Wholesale Market in China.

中国で、中国茶を小売店で買う場合と茶葉卸売り市場で買う場合、少し状況が異なります。

北京の馬連道茶葉市場は卸売り兼小売のようなところがほとんどなので、少量を購入する場合でも特に問題はありません。そういう状況に慣れていた私は、別の地方の茶葉市場は卸売り市場に慣れていませんでした。

別の地方の茶葉市場 は卸売りが中心の場合があります。そういう場所で少量を買うのは今後気をつけないといけないなと思ったことがありました。

先日、四川の成都の茶葉市場に行きました。四川のジャスミン茶(碧潭飘雪)を試飲して500g買いました。

四川のジャスミン茶 碧潭飘雪

そこは卸しが中心だったようで、「500gだけですか..」という空気感がありました。

たぶん通常は最小取引単位でも5㎏、10㎏なんでしょう。テイスティングをさせてもらいましたが、先方に時間をかけさせないように選んだつもりだったのですが、大量仕入れ前提のお店だったことをこちらも見極めるべきだったなあと思いました。

そんな時、中国茶旅の須賀さんの記事を読みました。

内容は、中国人ビジネススケールの話です。中国の茶業博覧会では、個人でさえも10㎏単位で茶葉を買っていく。
日本人は1㎏単位、日本の商売の小ささに呆れてしまった。という話です。

確かに中国でのビジネスは、特に卸は、物を動かす単位が大きいし、スピードも速い。利益を薄くして大量に動かしていくケースをよく見ます。

タイトルの「中国茶葉市場(卸売り市場)での最低購入量は?」の明確な答えはありませんが、私は次回からまず「小売りやっていますか?」と聞いて交渉すると思います。

中国語での尋ね方です。

日本語「すみません、小売りやっていますか」
中国語「请问、你做零售吗?」

以上、ご参考下さい。

New & Vintage