中国茶文化の中で使われる日本の急須。中国のお客様の評価と日本の茶器へのご要望

こんにちは。志葉急須店です。日本の茶器(急須や茶杯など)茶文化の紹介と共に海外に向けて販売しています。

本日は、中国のお客様の日本の茶器に対する感想をシェアしたいと思います。要望に関しては、いつも私自身ももどかしく感じていることが含まれていました。

日本の茶具を購入する理由 (中国のお客様より)

私が日本の茶具を購入する理由は、中国の茶具をたくさん購入したので、テイストを変えたかったことと、中国の工芸師が制作する茶具に釉薬や化学原料の添加が気になり、健康面を考えてのことです。

日本の少し伝統的な、中国の飲茶習慣に合った茶具を選び購入します。

Shiha Tea & Comfortでは多くの急須と茶杯を購入しました。最も好きな物はなんといっても薪窯焼成の青備前の急須と珠洲焼の公道杯です。

備前焼 藤原康氏の青備前急須

藤原康さんの青備前の急須は生地の厚みもちょうど良く、重すぎず、軽すぎず、非常に手に馴染み、釉面は自然できめ細やか、貫入のミミズ紋も面白く、何度見ても飽きません。総合的に見て非常に良い急須です。

珠洲焼 篠原敬氏の急須と公道杯

篠原敬さんの珠洲焼の薪窯焼成の公道杯は私が良く使う茶具です。質感が良く、枯山水の感じがあり、握りやすく、古風で素朴、素晴らしい作品です。プーアル茶を飲む自分に取って、ただ容量が少し小さく感じます*。


*日本の片口を公道杯に使用されています。プーアル茶は烏龍茶などその他の茶種に比較して、たっぷりゆったりと飲む習慣があります。茶器は一般的に素朴で大きめのものが好まれます。茶種(白茶、紅茶など)により好まれる大きさが異なります。

日本の茶器への総合評価とご要望

総合的にみると、日本の茶具は伝承の意識が強く、伝統工芸の保護も良いと思います。自然の陶土の配合と釉薬の効果も追求しています。 

日本の茶器へご要望

しかし、日本と中国の茶道は異なり、中国の茶道は生活化の傾向があり、茶の種類も多く手法(茶器の使い方や淹れ方)もそれぞれ異なります。更に、茶種により茶器の形状や容量も同じではありません。 

日本の作家の方々が、精巧で洗練された奥深い情緒ある風格をそのまま保持した上で、中国茶やその淹れ方と道具の使い方をを理解して、それに合うものも制作していただければ嬉しく思います。

まとめ

以上がお客様のコメントです。日本の急須の茶文化と中国の茶文化は異なります。日本の急須はより家庭に近いものですが(生活/娯楽)、中国は社交の中で使われることが多くみられます(娯楽/社交)。中国のどのような環境、スタイルの中で日本の急須や茶の器が使われているかを知ることで、またどのようなお茶の習慣があるかを知ることで、中国の茶飲のニーズに合う日本の器の提供ができるのではないかと思います。

中国のお客様が探している茶の道具で、日本で制作ができるけれどない(またはニーズに合うスタイルがない)ケースがよくあります。

このマッチング、日中の大きな規模で流れをつくることができたら良いなと感じています。

About Our Shop