茶の利用の歴史「献上品」 中国四川の華陽国志館を訪ねる Visit Huayang guo zhi Museum in Sichuan, China for Tea History

中国の茶の利用の歴史は、「薬」としてから始まります(神農伝説)。そして華陽国志(华阳国志 Huayang guo zhi)に「献上品」となっていることが記録されています。

華陽国志とは4世紀にできた四川など中国西南部(当時の巴国や蜀国など)の地誌で、その地域の古代からの歴史、地理、人物などが書かれていてます。最も古い地誌であることや広範囲の記録がされていることでも有名です。

中国の茶のテキストで知り、気になっていた華陽国志。今回中国四川省の成都近郊の古い街(街子古镇 Jiezi guzhen)に華陽国志館(記念資料館)があることが分かり、訪ねてみました。お茶に関する記録をこの目で見つけられるか、わくわくしていきましたが…はたして。

華陽国志館 概説

多くの人でにぎわっている川沿いにあります。街子にはレジャーで来ている人が多く、館内には他の参観者はいませんでした。

まず門を入ると、華陽国志作者である東晋の史学家 常璩の銅像がありました。

常璩の人物紹介です。ほとんど読めません。ピンボケです。(読みたい方ごめんなさい)

華陽国志の概説です。常璩が街子古镇がある崇州市の出身であること、四世紀中葉以前の歴史を書いていること、全十二巻などと書いてあります。

手にお持ちのものは?オリジナルは竹簡なのでしょうか。

レプリカでしょうが、このような展示もありました。「華陽国志 巻第二 漢中志」のタイトルがついています。タテ、ナナメの波磔が印象的な文字です。これが常璩さんの字としたらと思うと、どんな方だったのかと色々と想像します。

華陽国志 お茶についての記述

本来は、右下に見える第一巻 巴志に巴の産物である茶が貢ぎ物とされている旨が書かれています。(下記)

桑、蚕、麻、纻,鱼、盐、铜、铁、丹、漆、、蜜、灵龟、巨犀、山鸡、白雉,黄润、鲜粉,皆纳贡之。

他に、巴志には 周武王伐纣,实得巴、蜀之师 (周の武王が殷の紂王を討伐 巴と蜀(の軍隊?)を得ると書かれています。(紀元前1046年頃)

納貢の意味は”献上”。ここでは”巴が周に茶などを献上”と読まれます。

中国の茶史では、華陽国志のこの部分が、この時代の巴蜀一帯に茶があったことの根拠とされ、また、最も古い”茶が献上品”とされた記録として必ず出てきます。献上品であることは重要な物であり、当時の茶の価値や位置付けが想像できます。

献上品目を見ると鉄銅漆などもあり、巴が古代より資源豊かな土地だったことが分かりました。

残念ながら、このことに関する一文はこの写真に写った頁には見えませんでした。

華陽国志の原文, 他中国歴史書の原文

華陽国志の原文が中国のサイト”国学导航”にあります。ご参考ください。

歴代の華陽国志についての重要論述摘録

下記は歴代の文献で華陽国志について述べられている部分が時代順にまとめてありました。

唐、北宋、南宋、明代、そして現代でも。後世の各時代でも多くの人の読まれ、貢献している重要な文献なのだと感じました。

この木製の板と鮮やかな緑の美しい文字が醸し出す雰囲気に見とれました。この空間が一番好きでした。

華陽国志 1巻-12巻の要点掲示 (地図、人物画など)

古代の地図の掲示がありました。全土を九つに分けて九州。本文の参考図として掲示されているのでしょう。右が北、上が西になっています。

以下は1-12巻の要所の展示です。

帰国後このピンボケの大失態見て愕然としました。家でゆっくり読もうと思っていたら…読めません。地図やイメージ図だけでも頼りにしようと思います。実は新しいカメラを買って使い慣れていませんでした。スマホで撮った方が良かったと後悔。

第一巻 巴志

第二巻 漢中志

第三巻 蜀志

第四巻 南中志

第五巻 公孙述刘二牧志

第六巻 刘先主志

第七巻 刘后主志

第八巻 大同志

第九巻 李特雄期寿势志

第十巻 先贤士女总赞(上中下)

第十一巻 后贤志、十二巻 序志常璩道将はもう砂の嵐レベルのボケ具合でした…。

華陽国志館(街子古鎮)への行き方、地図

私は四川悠闲乐途という旅行社の専任タクシー(チャーター/ドライバー付きレンタカー/中国語では包車)を依頼して行きました。

チャーターは時間と距離計算がですが、この時は8時間で450元でした。一台あたりの料金ですので、人数が増えれば割安になります。行き先も自由ですので、前後に別の観光地を入れる事ができます。

街子古镇 Jiezi guzhenの場所。成都から見ると、街子古鎮は、観光地でも有名な秦の水利施設がある 都江堰(Dou jian yan)の方向になります。

おすすめ観光プラン

  • 午前は都江堰
  • 午後は街子古鎮(華陽国志館)

ゆっくり観光したい方は2つは急ぎ足になるかもしれません。都江堰は多くても3時間位でしょうか。街子古鎮は華陽国志だけなら2時間ほど(入り口までの往復入れて)、食事、お茶、街歩きもできるので一日中ゆっくり過ごしたい方もいると思います。

 

街子古鎮の地図

正直どのルートを通ってたどり着いたのか分かりません。手がかりとなる地図を載せておきます。

街子全体図

华阳国志館の文字が見えます

散歩中に見つけた地図