福建省白茶の育苗。中国の茶樹の繁殖、挿し木法。Tea plant propagating and cuttings, China (for White Tea)

こんにちは。Shiha Tea & Comfortです。 今日は中国のお茶の木の挿し木(繁殖)の紹介です。

写真は、福建省福鼎(ふくてい)の左茶右器茶业有限公司から頂きました。 (2019年11月15日)

福鼎白茶又到一年茶苗培育季, 剪枝,扦插,浇水, 秋播春长,一片树叶成就一方产业
(福鼎白茶は今年も茶苗栽培の季節になりました。枝を切り、直挿し,水を撒きます。秋に播いて春に成長します。一枚の葉が、ある土地の産業を繁栄させます。)

近年、ブランドとなった”福鼎白茶”の苗は、福鼎で育苗され、貴州、湖南、安徽など各地へ大量に販売されています。 白茶を作る品種である「福鼎大毫茶」や 「福鼎大白茶」は優良品種で、適応性も高く、中国中西部地区の農民の収入増加に寄与しています。

品種は「福鼎大毫茶」 。白茶に適する品種

中国の挿し穂は日本と異なり、 1節1葉、葉っぱ1枚です。

「福鼎大毫茶」 は大葉種

一面緑。葉で作るアートのよう。11月半ばですが、皆さんの服装からそんなに気温は低くなさそうな気がします。

挿し穂を作っています。伸びた枝をはさみで切って作っています。

トンネル支柱が立ちました。 終わった畝は、寒冷紗のようなものがかかっています。

近年、福鼎が「福鼎大白茶」「福鼎大毫茶」の品種の一大茶苗基地となっているようで,全国の茶苗の需要に応えるために規模がどんどん大きくなっているとのことです。

福建省は亜熱帯気候ですが、福鼎の気候的条件「得天独厚(特に良い条件に恵まれている)」 もこの茶苗事業の発展の基礎にあるようです。

その他の白茶関連の記事

中国茶講座 「白茶とジャスミン茶を知る」
福建省の白茶、白毫銀針の原料(芽)
蓋碗でいただく日本の白茶
福鼎白茶や老白茶に陳皮を入れる飲み方

See Teapots 店舗情報