緑茶、紅茶それとも黒茶? 深みある甘さとコクがおいしい静岡で作られる緑茶を黒麹で後発酵。蓋碗で日本産のプーアル茶。Japanese Organic Pu’er Tea, Post-fermented Tea with Black Koji from Osada tea, Shizuoka

こんにちは。志葉急須店(SHIHA TEAPOT SHOP)です。
美味しいお茶との出会いを紹介しています。

紅茶のような茶を試飲 今までにない味

今回は、日本の静岡で作られた山吹撫子(ヤマブキナデシコ)というお茶の紹介です。

日本茶アワードの会場で、色々な日本のお茶の試飲がありました。

そのうち紅茶(と思っていた)を試飲させてくれる静岡のお茶屋さんのブースに行きました。

てっきり紅茶と思って試飲をしていたのですが…

黒糖のような深く甘い香り、口にまろやか。
濃いふくよかな甘みのあと味、深く長い余韻が続きます。
深さや味わいが、紅茶ではありません。

味の複雑性、甘みと深みある味は、先日の当店の茶会 でも好評価でした。下はお茶会の写真です。

日本産 プーアル茶 後発酵茶

落ち着きや安心感をもたらすようなコクを感じます。

日本産 プーアル茶 後発酵茶

水色 明るく深みあるオレンジ色

緑茶を黒麹で発酵させたお茶だった

会場にいらっしゃった生産家の方に「このお茶は何茶なのですか」とお尋ねすると、

緑茶を 黒麹で発酵させたお茶とのこと。

パッケージには「有機プーアル茶」とありました。

ただ、中国茶のプーアル茶をイメージする味とは異なります。

緑茶の原料と製法のこだわりがすごい

製造方法が気になりサイトを拝見したところ、あらゆる点でのこだわりが。

山吹撫子(ヤマブキナデシコ)の原料は2種類の茶葉をブレンド

   ①甘みがあり、味も良い
   蒸し製法一番茶 (緑茶)

   ②香り高く、カテキンの含有量の多い
   釜炒り製法二番茶 (緑茶)

そのブレンド茶葉を黒麹菌で発酵させています。


日本酒の製造方法をお茶に応用
したとのことです。

プロセスや環境も様々な点でこだわられたようです。
おさだ苑 山吹撫子製法ページ

かなりの手間と時間をかけていることを知りました。今までの日本にない製法なので「新しいおいしいさ」というのを納得しました。

アマゾンにもティーバックが販売されていたのでリンクします。

緑茶なのか黒茶なのか?

ところで、このお茶は緑茶なのかというと、緑茶(酸化酵素を失活させている)を発酵させたものなので(後発酵)、緑茶ではありません。

業界の分類的には黒茶になりそうだなと思っていましたが、黒茶には分類されないようです。

日本の伝統的な黒茶である、阿波番茶、バタバタ茶、碁石茶などとは違うカテゴリーになっています。

とても興味深いので、おさだ苑さんが作られた分類表をご覧ください。

ガイワンで淹れてみる日本のプーアル茶 山吹撫子

商品としては、ティーバックや粉末もあるようですが、私は茶葉派なので、茶葉を購入して、家で中国の蓋碗(ガイワン)で淹れてみました。

日本産 プーアル茶 後発酵茶

他にも急須を使っていれたり、直接カップに茶葉を入れても試してみました。器や淹れ方が変わっても安定したおいしさでした。お値段以上のおいしさだと思います。

上質な余韻やあと味のお茶を賞賛している中国のお茶の友人たちにも飲ませてあげたいと思いました。

以上、日本の魅力的なお茶の紹介でした。

黒麹発酵 山吹撫子(やまぶきなでしこ)
https://www.y-nadesiko.jp/index.html
株式会社おさだ製茶 (静岡県周智郡森町1146-1 )

Black Koiji Fermentated Tea-Yamabuki Nadeshiko (English Page)
http://www.osadaen.co.jp/english_page.html
Osada tea, Japan

About Our Shop