Customer Review- Teatime in Czech Republic with Japanese Tokoname Motozo Teapot チェコ共和国 日本の器で風情ある茶席 とこなめの急須でティータイム

SHIHA TEAPOT SHOPです。

チェコ共和国のお客様が常滑焼の急須を購入され急須を使った茶席の写真を送ってくれました。

日本の伝統と文化を感じるとても素敵なコーディネートです。

情緒あるその雰囲気に、しばらく心がその空間へ行ったように見惚れていました。

以下にご紹介します。 (原文の英語メッセージは緑色のテキストです

購入いただいたのは下の亀岡素三さんの急須です。

素三さんは手作り感の強い、ユニークでタイムレスな作品を作られる急須作家さんです。昨年永眠されました。

素三さんの急須はぬくもりがあり、一見どの時代で作れたものか分からない感じがします。

時代の流行を追ったスタイルでなく、素三さんの優しさや温かさを感じる個性ある急須を作られました。

素三さんの急須は、未来でもまた、その時代の人たちに愛されるのではないかと感じます。

チェコ共和国の方が、日本の湯沸かし、盆、急須を揃えて(一輪挿し、蓋置、茶碗についてはお伺いしていませんが)日本の伝統を感じる趣あるコーディネートをされていることに驚きました。

河原なのでしょうか。古代の人たちのお茶の楽しみ方にも通じる自然と一体となった茶席です。

当店で購入された急須がその一部になっていることにうれしく思います。

素三さんのこちらの急須を選ばれた理由を考えましたが、この茶席の完璧な調和を拝見し理由が分かりました。

木、金属、陶の質感の味わいと調和、全体の色の響きと急須の色のグラデーションのハーモニー、それぞれの物に施された紋様の面白さ。

落ち着きと深さ、楽しさなど色々な印象が生まれ、そして様々な時代感を感じます。

このような情景が、チェコの方が楽しまれているお茶のシーンとは全く想像もしませんでした。

お茶は中国雲南省の紅茶とのことです。

雲南省はプーアル茶の産地としても有名ですが、紅茶の産地としても有名です。

お客様の説明では、雲南省の保山の野生樹で出来た紅茶だそうです。

チェコの小さな茶葉店が、雲南の山部に行き、直接小さな製茶会社や茶農家から面白いお茶を仕入れてチェコで販売しているそうで、その茶葉店では時折、良いお茶がリーズナブルな価格で買えるとのことを教えてくれました。

チェコの人々と生活のお茶のイメージができるようなお話です。

お客様は野生の茶樹のリーフのお茶がお好みで(CTCやティーバッグでなく)、古樹であると尚良いとのことでした。器の中のお茶は、2018年産の少し深みある紅茶で、日常のお茶としてだけでなく、おもてなしやお茶会などの機会にも向く良いお茶だとおっしゃいました。

この紅茶は寒い季節、秋から春が過ぎる頃までに飲むのが良いとのことです。

短いメッセージの中に茶器のコーディネート、チェコの人々のお茶と生活、チェコの茶の流通、季節に合わせたお茶のお話など…沢山のことを教えていただきました。

Mr. RP Thank you so much for sharing your tea story!

(チェコのお客様からのメッセージ原文 英語)

I have received ordered Motozo teapot from your shop. It is already part of my collection of Japanese teapots. I would like to thank you for smooth and fast transaction, safe packing and friendly communication. I wish you many success in your tea mission.

Concerning the tea – Baoshan Yesheng Hongcha – it is supplied by small Czech family company, they are visiting remote mountain places in Yunnan and buying interesting teas from small tea companies or farmers. Sometimes they have nice tea for reasonable price. I personally prefer whole tea leaves  and from wild trees and, off course, if old it is just better 🙂 . This tea is from wild growing tea plants. The 2018 year they had two versions  – lighter farmer tea ( called Sun Bao ) and tea from small factory which is deeper ( called Hong Bao ) and which was used in Motozo teapot. It is very good tea for daily drinking but good enough also for “better occasions”. This tea is good during colder season – from autumn to late spring.

About Our Shop