「日本を味わう」陶磁器交流会開催。石川県珠洲焼作家 篠原敬氏による陶芸の話。日本の石川県文化、茶、お菓子の話も。

日本陶磁器交流会(石川県珠洲焼)を開催し、東京在住の中国人の方にご参加いただきました。

珠洲焼作家 篠原敬さんがお越しくださり、歴史、作品制作の話をしてくださいました。

 

参加者の方は作家さんの日常生活などにもご興味があり、篠原さん自身や篠原さんの考え方を知ることで、「日本の陶芸を知る」、「日本を知る」につなげたい想いのようです。

作家さん自身が山に土を取りに行く話、薪窯での昼夜を問わず数日焼き続ける話を聞いて、ある方が、「これまでやきものの値段が高いと思ったけど、こんなに手間がかかることを知って、逆に安いと思いました。」 とコメント。外国人の方のコメントはいつもサプライズ感があます。

制作についての話や作家さんの想いを聞くと、器に対する見方や味わい方が変わります。

 

篠原さん作品。珠洲焼の上品な黒に灰色とピンクの妖艶な雰囲気を醸し出す自然釉。

中世の珠洲焼の形を踏襲した篠原さんの急須。珠洲焼の甕、壺は底が小さく洗練されたフォルムです。

講座では石川県の能登半島の珠洲焼にちなみ、石川県を感じていただきたく、私の方から石川県の文化を紹介しました。

輪島塗りの茶托で、石川県の丸八製茶の「加賀棒茶」、そして金沢のお菓子 小出の「柴舟」でおもてなししました。加賀百万石の話や、加賀友禅や金箔など石川の工芸品も紹介したので、石川が身近に感じていただけたのではないかと思います。篠原さんも普段は棒茶を飲まれているのことで、現地の習慣などでも盛り上がりました。

お菓子は金沢流の出し方をご紹介。銘々皿の上に半紙をひいてお菓子を二個載せました。

私が金沢のお取引先にお伺いすると、いつもこのような形でお菓子を出して頂きます。地域文化として参加者の方にもお伝えしました。

写真の大心堂雷おこし「古代」は Shiha Tea & Comfort のある東京都台東区の銘菓です。実はこちら、前日大家さんにいただき、皆さんにおすそ分けした次第です。

珠洲焼の篠原敬さんにはいつも深く楽しいお話をしていただき、大変感謝しています。

参加者の方が日本の文化、陶芸、地域の習慣など知り「日本を味わう」楽しさを感じていただけたら幸いです。

珠洲焼 関連ブログ

See Teapots 店舗情報