中国人がみる日本の器。珠洲焼(すずやき)美しいが艶やかとは違う、質朴で静かな美

こんにちは。日本の茶器店 Shiha Tea & Comfort(シハティー) です。四川のお客様が 当店で購入した珠洲焼の器の写真を送ってくれました。珠洲焼は石川県の能登半島の先端(奥能登)の珠洲市で作られるやきものです。

写真のようにコーディネートして使っているとのことです。四川には古代より黒色砂器があり、現在でも生活の中で黒い陶器を使う方も多く、黒色のやきものである珠洲焼にとても親しみを感じてくださっています。

まずは珠洲焼に初めて触れての感想を。

就是爱这种诧寂之美,美而不妖,美得朴素而安静 
このような侘び寂の美、美しいが艶やかさとは違う、質朴で静かな美しさが好きなんです。

うれしいお言葉です。

緑に囲まれたお庭でティータイム、素敵です。日差しを帯びながら、好きな器でお茶を頂く―最高の時間だと思います。 篠原敬さんの器を特に気に入られています。

薪窯(薪を燃料として焼くやきもの)の味わいと美しさにうっとりするとおっしゃっていました。花が大好きなお客様で、お庭の花を生けられる機会が多いとのことです。黒い器が花を引き立てます。

季節を通じて色々なお花を生けられています。蓋つきの香炉も花器として使われています。大きな花瓶に流れる自然釉が高貴な印象を与えます。

会社の会議室にも花瓶を置いているそうです。アーティスティックで温かさがある、室内の空気感を変えるような存在です。来客の方々も鑑賞されていると想像します。

ベッドルームにも置かれているそうす。洋風のクラシックな雰囲気にも調和しています。

以下は別の四川のお客様のお宅です。お客様に招待していただき訪問しました。

調度品は中国の物だと思いますが、 黒いやきもの器が見えます。 落ち着いた雰囲気で、味わいがある空間を作られています。床も自然の質感にしたいので石材にこだわり選んだそうです。

こちらのお客様も篠原敬さんの珠洲焼急須や器を数点ご購入いただきました。珠洲焼のもつ雰囲気が空間に調和し、お気に入りになられる理由が分かります。

お客様が珠洲焼の急須で中国のジャスミン茶を淹れてくれました。どのように使ってらっしゃるか目の前で拝見してうれしくなりました。茶と器を通じての交流は心地よく、数時間があっという間に過ぎてしまいました。

以上、中国のお客様が使われる珠洲焼のご紹介でした。

その他、以下珠洲焼関連のブログです。

以上、中国で使われている珠洲焼のご紹介でした。

New & Vintage